HOME
聖書の学び
CSルイスの弁証
証し
EMF
聖書通読
門戸聖書教会
子どもの英語
讃美
テニス
小説
リンク
更新情報

C. S. Lewis

☆☆☆善と悪・・・そして宇宙の意味について (C. S. Lewis)☆☆☆


C. S. Lewis の "Mere Christianity"において、C. S. Lewisは、本能の善悪について議論をすすめることによって、道徳律が本能の一部ではないことを論証していきます。「キリスト教の世界」(CSルイス著・鈴木秀夫訳 大明堂 昭和52年12月10日発行) から引用してみましょう。

『 青いユニホームを着た人が通りをやってきて小さい紙の袋を家々にくばっているのをみたとき、私がどうしてそのなかに手紙が入っていると推定するのか、とだれかが私に尋ねたとしましょう。私は「いつでも彼が同じような袋をおいていった時には、手紙が入っているのをみているから」と答えるでしょう。「でも、ほかの人が受け取っているものが、みんな手紙だということはみていないではないか」と問い返すかも知れません。「もちろん、見てはいない。私宛てではないのだから、見ているはずがない。私が開けるのを許されている私宛てのものから、推測しているのである」と言うでしょう。状況はこの問答と同じです。たった一つ開けることが許されているのは、人です。私という特定の人を開けてみるならば、私というものが、自分一人で存在しているのではなく、一つの法則のもとにあり、まただれか、あるいは、なにものかが、私に、ある一定の仕方で行動すべきことを欲していることを見出します。もちろん、もし、木や石のなかに入り得たとしたならぱ、同じようなものを見出すだろうとは考えていません。町の他の人々が、私と同じ手紙を受け取っているとは考えないのと同じです。たとえば、手紙の発信人が私に、人間の本性の法則に従えと告げていますが、石には石としての本性の法則に従うことを告げていて、石は重力の法則に従わねばならないのだと思います。だが、いずれの場合でも、いわば、その手紙の発信人すなわち事実の背後にある力、統率者、指導者というべきものがあるということを想定せざるを得ないのです。
 少し先に行きすぎていると思わないで下さい。私はまだ、キリスト教神学における神という概念に接近してはいません。私がお話ししたところはまだ、なにかが宇宙を動かしており、それが私に善をなすことを要請し、悪をおこなってしまったならば自責の念をおこさせ、物足りなさを感じさせるなにかの存在があるどいうところまでです。そしてそのなにかは、なににもまして、意思といったようなものを想定せねばならないと考えます。われわれがほかに知っているのは物であり、物が指示をするということは、想像することもできないからです。もっとも、まったく意思的なものである必要はなく、人格的なものでもよいのです。次章において、そのことを、もっと論ずることにしましょう。でも一つ、注意していただきたいことがあります。ここ100年の間、神について語られた、さまざまな柔かい言葉があります。私が語ろうとしているのは、それではありません。全部切り捨てて下さい。』

CSルイス その9 に戻る

Copyright (C) maccha
All Rights Reserved.
inserted by FC2 system